トラブルへの対処

最後に「肌トラブル」に対する対処法をスキンケアの観点から紹介します。年齢によって肌の状態が悪化するというだけではなく、若くとも肌にトラブルが発生するということはよくあります。良くあるトラブルとしては、「ニキビができる」「乾燥肌になる」「肌が荒れる」などのものがあるのではないでしょうか。これらの問題というのは、やはりスキンケアが正しく行えていないことが原因の一つとなっていることが考えられます。

ニキビまずニキビが出来てしまう場合についてです。思春期にニキビが発生するのは皮脂分泌量の多さなどが原因となっているものであるため、スキンケアが原因であるとは必ずしもいえませんが、大人になってからニキビが発生しやすくなるのはスキンケアが原因となっているケースが多くなります。汚れなどがつまり、皮脂が溜まってしまうことがニキビの原因となることが多いため、化粧汚れなどが残らないようにしっかりクレンジング洗顔を行うことで対処できるケースが多くなります。

乾燥肌については、栄養不足が原因となっていることもあります。ビタミン類などは肌の状態を維持するために必要な栄養素であるため、しっかり摂取するように気をつけると良いでしょう。

スキンケアはいつする

それでは、そもそもスキンケアというのはどのようなタイミングで行うのが良いのでしょうか。朝にスキンケアを行うという人もいれば、仕事から帰ってきててクレンジングをして、そのままスキンケアをするという人も多いかと思います。これについてはどのタイミングでもある程度の効果を期待することは出来ますが、特に効果を期待することができるのは「お風呂あがり」です。お風呂あがりにスキンケアを行うのが良い理由は2つあります。

お風呂あがりお風呂に入ったあとというのは、水分が多く残っている状態となります。この状態で保湿効果を閉じ込めることができるようなスキンケアを行えば、その分高い保湿効果を期待することが出来ます。スキンケアの中でも特に重要なのがこの保湿の部分であるため、これを高めることができるというだけでも他のタイミングよりもメリットが大きくなります。

もう一つは「お風呂あがりはバリアが剥がれている」ということが理由です。お風呂でクレンジングや洗顔などを行うと、肌のバリアが取れてしまい、その後むしろ乾燥しやすい状態となります。そうなってしまう前にスキンケアを行って保湿を行うことで、肌のバリアが破れている時間を短くするのがポイントです。

使用する基礎化粧品

それではまず、スキンケアのために利用されることが多い基礎化粧品としてどのような種類のものがあるのかについて紹介します。また、それぞれの用品がどのような目的のために利用されているものなのかについても簡単に紹介します。

保湿効果まずは「化粧水」です。化粧水は基礎化粧の基本として扱われる事が多く、女性だけではなく男性でも利用している人も多いのではないでしょうか。化粧水を利用する主な目的は「保湿」と「栄養」にあります。肌に取って最も大きな敵となるのが乾燥であり、潤いを保たせておくことが綺麗な肌を維持するためには欠かせません。同時に、肌にとって必要な栄養を与えることも重要になります。化粧水はこの両方を行うために必要なものです。

次に「美容液」です。美容液は化粧水よりもさらに「栄養」部分に注目している基礎化粧品です。保湿効果を持ちつつ、同時に美白などの効果をもたせている物が多いのが特徴です。ものによって目的としているものが違っていることが多いため、自分の目的としているスキンケアに合わせて選ぶことが重要になります。

さらに「乳液」があります。これは油分を含んでいるのが特徴で、保湿を行いつつその保湿効果を維持させるのが目的となっています。

最後に「スキンクリーム」です。年齢を重ねている人は特に必要になるアイテムですが、化粧水、美容液、乳液の最後に肌へ蓋をする役割りをしてくれます。クリームにも種類がありますが、界面活性剤を使用していないスキンクリーム肌に優しいのでおすすめです。

正しいスキンケア

ある程度の年齢になると、一気に肌の状態が悪化してしまう人がいます。年齢によって「お肌の曲がり角」等と言われることもありますが、なぜ年齢を重ねると肌に対して様々な問題が発生してしまうのでしょうか。

大きな問題の一つであるのが「ターンオーバー周期」が変わることです。ターンオーバーというのは、肌の入れ替わりのことを言います。私達は普段自分で意識をすることはあまりありませんが、肌は数日で生まれ変わりを繰り返しており、一ヶ月前と今とでは全く違った皮膚組織に変わっています。

スキンケア代謝は若いころほど頻繁に起こり、肌が綺麗な状態が維持できるようになっていますが、年齢を重ねるに連れて周期が遅くなっていき、「古い肌」でいる時間が長くなることによって肌の状態が悪くなっていきます。また、遺伝情報の劣化も同時に発生するため、段々と「ベースとなる顔」も変わっていくことになります。

これらの年齢による肌への影響というのは、完全に抑えることは出来ません。しかし、ある程度までであれば抑制をすることは可能です。その抑制をするために重要なのが「スキンケア」です。スキンケアをしっかり行うことができれば、肌の状態はより若い状態を保てるようになり、見た目の年齢を若く保つことができるようになります。ただ、「しっかりスキンケア」をしているつもりでも、実際にはやり方が間違っていて効果が落ちてしまっているということもあります。ここでは、そんな「正しいスキンケア」の方法を紹介します。